楽器弾いたり、音楽作ったり

  1. レビュー

Embertone Joshua Bell Violin レビュー



Embertoneから新しい音源、Joshua Bell Violinが発売されました。Embertoneのサイトを半日眺めて、悩んだ末購入。早速レビューです。

Embertone Joshua Bell Violin レビュー🎶

早速インストールして手弾きでサクッと。こんな感じです。このビデオでは鍵盤をサクッと弾いただけでコントロール類は使っていません。

Embertoneから先に出ているFriedlander Violinとの違いは、鍵盤で弾いたときのダイナミックスによる自然な変化と豊富なキーコントロールです。

👀Joshua Bellってどういう人?

ジョシュア・ベルという名前は聞いたことない人でも、数年前に話題になったYouTube動画、ワシントン地下鉄、ラッシュ時にストリートミュージシャンに扮して演奏したグラミー賞受賞の演奏家、ほとんどの人が気づくこともなく 通り過ぎていった、ワシントンポストの「たとえ近くで名演が行われていても、注意深く観察しなければ多くの人がそれに気付かないことを示した」あの実験。

あのときの演奏家がジョシュア・ベルなのです。

ボクはいま彼の演奏をSpotifyで聴きながらこれを書いています。とても丁寧な優しく語りかけるような音、情熱的という感じではなくて、ピアニシモの表情が心に静かに語りかけてくる感じ、ずっと聴いていたい音です。

Joshua Bell Indiana University

彼の現在の楽器は1713年製のストラディヴァリウス「ギブソン」です。

🎧Spotifyでジョシュア・ベルを聴く

😮ストラディバリウス?

数年前にテレビ番組でストラディバリウスの魅力というのをやっていました。

この番組内である実験が行われました。著名な批評家から音楽愛好家まで数名を集めて、ストラディバリウスの名器と無名で音の良いヴァイオリンとのブラインド・テストを行いました。

結果はことごとくハズレ。誰もストラディバリウスの名器をどんぴしゃりで当てることができませんでした😒

じゃなぜ、ストラディバリウスは素晴らしいのか😟それは、この楽器の音の広がり方です。この番組では音の周波数をグラフィカルに捕らえる機械で測定していました。

通常のヴァイオリンは楽器から聴衆に向かって音が出ているのに対して、ストラディバリウスの名器は奏者を豊かな倍音で包みこむように広がっていくのです。その結果、奏者はとても気持ちの良い演奏ができる=素晴らしい演奏ができるということなのです。

NewImage

ということは、ストラディバリウスの名器、その音の素晴らしさを体感しているのは奏者で、オーディエンスはそこから生まれた奏者の感性が最大限に発揮された微妙なニュアンスを拝聴してるということになります。

☝Joshua Bell Violinの特徴

EmbertoneのJoshua Bell Violinはジョシュア愛用のストラディバリウスを、ジョシュアが奏でたニュアンスでサンプリングしています。

第一印象は、とにかく鍵盤で弾いていて気持ちが良いです。ジョシュアのピアニシモの時のニュアンスも出ていると思います。メインの画面も目に優しい可愛らしいデザイン😙ですね。

Kontakt 5ScreenSnapz001

同社のFriedlander Violinと比べるとインターフェースのわかりやすさと、鍵盤で弾いただけでそこそこニュアンスが出せるというところでしょうか。

ただ、Friedlander Violinは演奏中の弓の位置を微妙にコントロールしたりと、かなりマニアックなところまで作り込むことができるので、こちらでかなり作り込める人は、Joshua Bell Violinはいらないかもです。

じゃ、どんな人に向いているかというと、ジョシュア・ベルの演奏を聴いて好きになった人、このピアニシモのニュアンス(ホント美しいですがオレの曲には必要だ😡と思った人、あるいは財布に余裕のある人、あらゆるヴァイオリン音源を収集している人、そんな人は買いましょう。

真面目な話、初めてヴァイオリン音源を買う人は、細かい設定なしにニュアンスが出せるのでかなりお薦めです。

ボクはJoshua Bell Violinを第一ヴァイオリン、Friedlander Violinを第二ヴァイオリンとして、今製作中の曲を仕上げてみようと思っています。

オーケストラ音源関連の記事

☆-----------------------------------------☆

「Amazonタイムセール」今すぐチェック!


この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

お薦め記事

この記事のコンテンツ

ヒビノカケラに関する記事

緒方悠に関する記事

カミデタカシに関する記事

PAGE TOP