[Takashi Kamide’s Blog] 音楽家「カミデタカシ」のブログ

  1. レビュー

NIのピアノ音源比較 GIANT

YouTubeチャンネル 更新中

Native Instruments のピアの音源、GIANTについて書いてみたいと思います。

概要

NewImage

実際に9フィートの共鳴板(コンサートグランド・ピアノの約2倍)を持つ巨大なピアノ、「the Klavins Piano Model 370i」の音をサンプリング。このことからも、音源そのものも通常とは変わった使用法が考えられますね。

2種類の設定

GIANTの音色(patch)は二種類、通常のピアノとパーカッション的な使い方もできるシネマティックというのがあります。シネマティックのほうに切り替えるとGUIも幻想的な夜の景色に変わります。

音色リストにあるものも演奏用というよりは効果音的な物が多く、アイデア次第で面白い活用法が見つけられそうです。

2016 08 15 14 39 59

シネマティック音源

そして、シネマティックのほうは設定も各サンプルにエンベロープとフィルターを使用することができ、幅広い音作りが可能です。これはかなり楽しめそうですね。

2016 08 15 14 56 14

CONVOLUTIONでサウンドキャラクターを選びます。

グラフィックからもそのサウンドイメージがわかりやすいです。

2016 08 15 17 19 59

デモ楽曲

今回は、GIANTだけで複数のトラックを使って楽曲をつくりました。

2016 08 15 14 39 30

1.静寂の中のピアノ

2.緊張感のある動きを伴ったピアノ

KOMPLETE 12

単独でピアノ音源を買うよりも、ピアノ、5機種を含んだ音源とエフェクトが50種以上をKOMPLETE12 SELECTを選ぶ方がお得感があります。割引セールの時にGETしましょう!

すでにKOMPLETE12 SELECTをお持ちの方はのアップグレードすることで、かなりお得なパッケージです。セール時を見逃さずアップグレードしましょう。

Native Instrumentsピアノ、5機種

1.NIのピアノ音源比較 GENTLEMAN

2.NIのピアノ音源比較 MAVERICK

3.NIのピアノ音源比較 GRANDEUR

4.NIのピアノ音源比較 GIANT

5.NIのピアノ音源 Una Corda

簡潔にピアノをレビューしています。各ピアノに応じてデモ演奏を行っています。

機種によっては録音用にPatch(音色)も作りました。使用した各Patchダウンロードしてご自由にお使い頂けます。ご自身の制作にお役立てください。

NI音源の関連記事
この記事を書いた人

[カミデタカシ]
日々、ピアノを弾くことで生計を立てています。アコーディオンも弾きます。そしてひたすら音楽製作してます。ゆるりと生きています。 

カミデタカシのサイト

☆—————————————–☆

「生と死」をテーマにしたCompetitionに参加するために音楽制作しました。是非ご覧下さい!

第二回 BUNCA Competition Music部門「生と死」参加作品

ブログの「YouTubeチャンネル」登録

アナタにお薦め


☆-----------------------------------------☆

「Amazonタイムセール」今すぐチェック!


この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

関連記事

この記事のコンテンツ

PAGE TOP