楽器弾いたり、音楽作ったり

  1. レビュー

NIのピアノ音源比較 GRANDEUR



Native Instrumentsのピアノ音源の中で最も標準的なピアノ「GRANDEUR」。標準的であるということは、その存在価値をどれだけベーシックな機能を充実させるかというところにあります。

第一印象

NIのピアノ音源は個性的な物が多いのですが、今回のGRNADEURはもっとも立ち位置が微妙な音源です(笑)。インストールも見送ったままでした。なぜなら最も標準的なピアノの音源で、このタイプのピアノの音はもう各メーカー出し尽くしています。

だから、もういらんかな〜とも思っていました。なので、今回のチェックも個性的という部分よりも「扱いやすさ」がポイントです。

細かい話は抜きにして、とりあえず音を作って弾いてみました(笑)。今回はオリジナル即興演奏です。

デモ演奏

2016 08 14 22 58 59

音はスナップショット中のものを、好みの状態に調整して「Standards」という名前で保存しました。よろしければダウンロードして、制作にお役立てください。

今回演奏使用した音色(patch):スタンダード

細かな鍵盤の挙動

特筆すべき事。普通、こういったピアノ音源は、どんなに弱く弾いても音が鳴ってしまいますが、この音源はゆっくり鍵盤を下ろすと本物のピアノと同じように音が鳴りません。これ、ピアニストにとってはものすごーく重要なことなんですよ!

たとえば、ピアノ音源の王道「Ivory」だと、環境設定でこのあたりを調整しますが、この音源関しては、最初からそういう設定になっているようです。〜ピアノなんだからあたりまえでしょ〜といわんばかりです。粋な心配りですね。

Img welcome hero the grandeur 2bbe270bc596eb84d00f9d5e8dfcf106 d

感想

なんやこうやといろいろ迷っていましたが、

ひとこと、「イイです〜♪」

ペダルを踏んだときの倍音の広がる感じがなんとも気持ちイイので、デモ演奏ではわかりやすいように、ちょっとわざとらしく踏んでみました。

実際、弾き比べてみると表現力や深みのような本物のピアノっぽさは、Ivoryのほうがありますが、GRANDEURを弾いていて物足りなくなるような感じはしませんでした。本物のピアノにしたって個々のクセはありますから、その範疇と思ってしまえば気になりません。

そして何よりも「軽い」です。

コンピュータの負荷が軽い音源は音楽制作にとってやはり大切な要因です。

最初の迷いも何のその、マシンの負担も軽いので、選択肢として、GRNADEURを使うことも増えると思います。扱いやすさと音の良さを考えると、ピカイチ標準的ピアノ音源かもしれません。

Native Instrumentsピアノ、5機種

1.NIのピアノ音源比較 GENTLEMAN

2.NIのピアノ音源比較 MAVERICK

3.NIのピアノ音源比較 GRANDEUR

4.NIのピアノ音源比較 GIANT

5.NIのピアノ音源 Una Corda

簡潔にピアノをレビューしています。各ピアノに応じてデモ演奏を行っています。

機種によっては録音用にPatch(音色)も作りました。使用した各Patchダウンロードしてご自由にお使い頂けます。ご自身の制作にお役立てください。

NI音源の関連記事

☆-----------------------------------------☆

「Amazonタイムセール」今すぐチェック!


この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

お薦め記事

この記事のコンテンツ

ヒビノカケラに関する記事

緒方悠に関する記事

カミデタカシに関する記事

PAGE TOP