神出高志=カミデタカシのブログ

  1. 散文
  2. 51 view

記憶のまぼろし

ほんとうの出来事だったのだろうか
あの日にあった事は

ほんとうに実在したのだろうか
あのとき見た景色は

そもそも君は
ほんとうに存在したのだろうか

記憶の中からこぼれ落ちた
「愛憎」のかけらたち

このまま忘れ去られることを
拒絶するかのように

毎夜 話しかけてくる

それは
遠い記憶のまぼろし

その他の散文

この記事を書いた人

[カミデタカシ]
日々、ピアノを弾くことで生計を立てています。アコーディオンも弾きます。そしてひたすら音楽製作してます。人の多い場所と鈍感な人、苦手です。音楽と共に生きてくことは愉しい、すべての人がそう思えるような世界を考えていきたいです。

YouTubeチャンネル /// KAMIDE’s Music Freaks

アナタにお薦め


☆-----------------------------------------☆

本日限り Amazonタイムセール 今すぐチェック!

☆—————————————–☆




この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

散文の最近記事

  1. ボクらの部屋

  2. 父の背中

  3. 言葉の棘(とげ)

  4. 大切なことを伝えるために

  5. 記憶のまぼろし

関連記事

PAGE TOP