神出高志=カミデタカシのブログ

  1. 散文
  2. 57 view

言葉の棘(とげ)

言葉には棘(とげ)があります。

そのまま渡すとその棘が相手を傷つけます。

 

好きな人ができとたきは

その棘を丁寧にとって渡すのに

 

その人と仲良くなって何年もたつと

相手を傷つけるために

そのまま投げつけたりもします。

 

時には自分自身も傷つけることがあります。

それは棘が過去の過ちから生まれたものだから。

いくつもの小さな棘が心に突き刺さります。

棘のその奥には

とても優しくてあたたかい

思いやりの言葉があって

 

ほんとうに大切な人には

棘をとって丁寧に渡します。

それは言葉というのが

使い方を間違うと

大切な人を傷つけてしまうことを知っているからです。

 

だからいつも意識して

気持ちを込めて言葉を使いたい。

 

誰に対しても。

自分に対しても。

その他の散文

この記事を書いた人

[カミデタカシ]
日々、ピアノを弾くことで生計を立てています。アコーディオンも弾きます。そしてひたすら音楽製作してます。人の多い場所と鈍感な人、苦手です。音楽と共に生きてくことは愉しい、すべての人がそう思えるような世界を考えていきたいです。

YouTubeチャンネル /// KAMIDE’s Music Freaks

アナタにお薦め


☆-----------------------------------------☆

本日限り Amazonタイムセール 今すぐチェック!

☆—————————————–☆




この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

散文の最近記事

  1. ボクらの部屋

  2. 父の背中

  3. 言葉の棘(とげ)

  4. 大切なことを伝えるために

  5. 記憶のまぼろし

関連記事

アナタにおすすめ

楽天市場

【300×250】株式会社Ensya/ソフトバンクエアー
PAGE TOP