父の背中

人はどんなにつらくても、どんなに悲しくても、愛するものを守るために自分のなすべき事をしなければいけません。