神出高志=カミデタカシのブログ

  1. YouTube

YouTuebe「著作権侵害の申し立て」に「意義」を申請する

YouTubeで「弾いてみた」などの有名曲のカヴァーを演奏した時に、海外の団体から「著作権侵害の申し立て」が来ることがあります。時には日本人アーティストの曲をコピーして演奏しているのに、なぜか海外の音楽団体からクレームが来ることがあります。

YouTubeで動画をUPされている方々の多くが困惑されていると思います。これを「JASRACからクレームが来た!」と早とちりする人もいます。嘆かわしいのですが、ミュージシャンの中にそんな人がいたりするので笑えない話です(抗議するために政党を作ろうとした人???までいる)。

海外の音楽団体からクレームが来た場合、自分が著作権の侵害をしてしまったのかと不安になってしまいます。

結論から先にいうと、YouTubeでの演奏動画は一部の例外を除き著作権侵害ではありません

自分で演奏したカヴァー曲のYouTube動画は「著作権侵害」していないものがほとんどです。「ほとんど」というのは例外もあるということです。使用してもいいのは、JASRACやNexTone等の著作権管理団体に管理をゆだねている楽曲とその権利者ということになります。なぜなら日本の場合、Youtubeが著作権管理団体を契約を結んでいるからです。JASRACやNexToneの管理している曲であれば著作権侵害にはなりません。なのでYouTubeでの演奏動画は著作権侵害ではありません。逆にJASRACやNexToneの管理楽曲でない場合は、著作権を侵害している可能性があります。

 

今回の記事は以下について書いています。

なぜこのようなことが

ではなぜこのようなことがおこるのでしょう?

JASRACに確認

YouTubeで著作権侵害の警告が頻繁に来る。今回は中島みゆきさんの「糸」で海外の団体から来た。ネットで検索したら泣き寝入りが多いので、JASRACに電話で確認。

回答:「弾いてみた」系の動画では全く問題ない

日本のアーティストの場合、ほぼJASRACが著作権を管理しています。そして国外のアーティストにおいてもJASRACが日本で管理代行しています。YouTubeはJASRACと包括契約をして使用料を払っているので、JASRACが管理する楽曲であれば問題ない。実質、著作権管理をしていない団体がなぜこのようにクレームを言ってくるか、はなはだ疑問です。

Content IDの存在

YouTubeでは音楽をContent IDというもので管理しています。YouTube Music等で音楽配信サービスもおこなっているので、不当に音楽を動画BGMで利用されないために管理するためのものです。

つまり、YouTube動画に配信サービスなどの自分が創った音楽を無断で使われないようにするための管理システムですね。

さて、このContent IDの登録方法ですが、たとえば私が中島みゆきさんの「糸」をピアノでカヴァーしてYouTube動画ではなく、Apple MusicやSpotify等、そしてYouTube Musicで配信をするとしましょう。

この手続きは契約してるディストリビューターを通じて行います。事務手続きの段階で「Content IDを有効にする」かどうかを決める項目があります。デフォルトではたいがい無効(OFF)になっているのですが、ここを有効(ON)にして登録すると、YouTubeでは音源がContent ID登録されて管理されることになります。

ここでは仮に私が「糸」をContent IDを有効にして登録したことにして話をします(ディストリビューターによっては、JASRAC管理楽曲はContent ID登録できないと管理担当者から警告が来ます。しかし最近では配信代行の業者が増えて、Content IDのチェックをしていないみたいです)。

上記の手順で配信登録した中島みゆきさんの「糸」。YouTubeで誰かが私の演奏とよく似た感じでピアノで弾いて動画をUPしたとします。するとAI感知してディストリビューターから「著作権侵害の申し立て」が動画をUPした人のところに行きます。AIが私の録音物を無断で使ったと感知(勘違い)したからです。

つまり「著作権侵害の申し立て」とは、著作権侵害は中島みゆきさんの「糸」という作品の権利に対してではなく、私がApple MusicやSpotifyに配信するために登録した録音物の権利に対してなのです

だからカヴァー曲をサブスクリプションサービスで配信する人は、Content IDの項目を無効(OFF)にしておくというのが基本です。録音物を無断利用されないために管理するものなのですが、カヴァー曲の場合、こういった誤認が起こる可能性があるからです。通常はデフォルトで無効(OFF)になっています。

ようするに自己管理楽曲の不正利用をContent IDに登録して管理してもらうシステムです。JASRACなどの著作権管理団体が管理している曲を他人のカヴァーしてContent ID登録する人がいるので話がややこしくなるのです

それとAoudiostock等でロイヤリティフリーの音楽を販売している人が、Tunecore等を使って音楽を配信するときに、このContnt IDを有効にして登録する人が稀にいるみたいです。結果、ロイヤリティーフリーの音源を購入してYouTubeで使うと〜「著作権侵害の申し立て」が来た〜という笑えない話もあります。

YouTubeチャンネル運営者で動画の収益化が可能な人も自身の動画をContnt ID登録できます。動画に含まれる楽曲などが自分の著作物である場合の権利の保護のためです。しかし、カヴァーなどで他人の権利楽曲を自分の物のように主張することは出来ません

海外の音楽団体

「著作権侵害の申し立て」をいってくる団体は、ほぼ海外からです。これらは著作権管理団体ではありません。基本的には音楽レーベルかディストリビューターです。YouTubeチャンネル運営者か配信業者です。

日本の曲であるのに海外の団体から「著作権侵害の申し立て」が来るのは、日本の曲をカヴァーして日本で登録しても、海外で配信した場合はその国のディストリビューターに委託処理してもらっているところが多いからです。

著名なレーベルの事もあれば、見たことも聞いたこともないレーベルなど様々です。「著作権侵害の申し立て」はContent IDで登録されている録音物によく似た音源に対して、AIが感知して送られてきます。なので、UPしている動画が「録音物を使用していない」という、異議を申し立てれば「著作権侵害の申し立て」を取り下げてくれることが多いです。

これは私が演奏録音したもので、JASRAC管理楽曲です。YouTubeはJASRACと包括契約を結んでいるので問題ありません。

と異議申し立てをすれば問題ありません。たいていはすぐ取り下げてくれます。YouTubeのContent IDの認知エラーからおこる不備を承知しているからですね。

ただ著名な大手レーベルだとちょっとやっかいです。上記のような異議申し立てをしたのに却下されてしまった方も多いかと思います。著作権の侵害はしていないので何だかスッキリしませんね。

見えない悪意

今から25年くらい前の話。日本の超有名なクリエイター、その世界では神とあがめられるような人が作った作品の「盗作」を疑われるようなものが世に出ました。「ライオンキング」という名のこの作品は世界中で爆発的な大ヒットとなりました。

「ディズニーに使って貰えるなら光栄」

とこのクリエイターが発言、その後、日本のアニメや漫画からの海外での無断使用が続出しました(現在ではクリエイター団体が立ち上げられ改善されています)。このような経緯から、日本は著作権に緩い国という印象を諸外国からいまだに持たれています。



ここからは私の憶測の域を出ないので、その点を留意して読んで頂ければと思います。

まず先ほどの「糸」の話です。これをどこにでもあるようなピアノ演奏で録音、そしてサブスクリプションサービスでContent IDを有効にして登録します。その後、YouTubeでこの曲を「弾いてみた」で誰かがUPすると、AIが私の録音物と感知(勘違い)してしまいます。そして私自身の名前ではなく登録したディストリビューターの名義で「著作権侵害の申し立て」を動画をUPした人のところへ送られます

ここで上記の異議を申し立てれば、たいていの場合「著作権侵害」はとりさげられます。

しかし、中にはもう面倒なので放っておく人もいるでしょう。その中には動画が収益化されている人もいるかもしれません。しかし放っておいたら、この収益は知らない誰かの懐に入ることになるのです。アナタの動画から得られるはずの収益が、もしかしたらそれを狙った他の人のところへ行くことになります。

何も知らないアーティストが無自覚でカヴァー曲をContent IDに登録している人もいるかもしれません。しかし、こういったことを意図的に(詐欺まがいの行為を)行っている団体や個人も少なからず存在するよう(ゲームの実況動画でメーカー公認のゲームに対して、他者が権利を主張するケースもある)です。

驚いたことに「糸(中島みゆき)」でContent ID登録されている日本人アーティストがYouTubeの音楽ポリシー管理ページで4名、ほんとうに確認できました(このページはクリエイターツールの変更に伴い近く廃止される予定)。考えたくないですが、この中の誰かがシステムを悪用しているのでしょうか...。

しかし何度も申しますように、「意義申し立て」をすることで簡単に取り下げられます。代理委託でパブリッシュしている海外のディストリビューターは、自動感知システムのエラーを承知しているからです。

やっかいなのは、EMIやSONYなど誰もが知っている大手レーベルの場合です。簡単な異議申し立てでは取り下げてくれません。おそらく「異議申し立てをしたのに却下された」、そういった経験をされている方も多いと思います。自社の著作物を守るための処置と思いたいのですが「ライオンキング」のことが頭をよぎります。

何度も力説しますが、「弾いてみた」などのカヴァー動画の著作権においてJASRACが管理している場合、これらの大手レーベルに著作権の侵害を申し立てられるいわれはありません。録音物の権利はあっても「彼らには作品の著作権はないのですから。

わかりやすく書くと、アナタがカヴァー曲を使ってCDを作ったとします。その中にJASRACで管理している楽曲があって、著作権使用料を払ってアルバムを作ったとします。

この楽曲の権利を50パーセントずつ、それぞれ作曲家とレーベル出版社が持っていたとします。アナタが支払った使用料が50パーセントずつ各権利者にJASRACから支払われれることになります。

その後CDが売れました。ネット通販で海外でも売れました。すると権利の50パーセントを持つレーベルから、「50パーセントの権利がある我々にCDの売り上げの半分をよこせ」と通知が来ます。

「そんなアホな?」

こんなことがまかり通るのなら、YouTube以外の配信でカヴァー曲をリリースしても、申立人に収益を払わなければいけないということになります

「録音物」の権利は持ってはいるが「著作権を持っていない」レーベルが著作権を主張して収益を得ているのです。作品の著作権を持つ権利者が信託している「著作権契約」を差し置いてです。私たちが撮影して自ら演奏した「録音物」に対して、あたかも作品の権利が自分たちにあるかのように主張しています。明らかにシステムをエラーの悪用したとんでもない行為です。

そして最も不快であるのは、ここから派生する広告収入で収益を得ているということです。文字どおり「他人のふんどしで〜」です。自分の録音物でもないものから。当たり前のように収益をむさぼっている事に怒りよりも吐き気をすら感じてしまいます。

ということで「著作権侵害の異議申し立てのひな形」を作成しました。

異議申し立てをする前に

異議申し立てをする前に、動画で使用されている曲がJASRAC管理楽曲かをJ-WIDで調べて下さい。YouTubeの動画配信で著作権侵害の警告が来ても、 J-WIDで作品を検索して「配信」の項目がOKなら問題ないです。しかし「配信」が×の場合は「弾いてみた」も×です。ここはとても大切なので必ず確認して下さい。

J-WIDの作品検索ページ

作品検索ページに行って、楽曲タイトルを入力して下さい。ここでは先ほどの「糸」を例にして進んでみましょう。

検索結果から「糸」がタイトルの曲が表示されます。中島みゆきさんの「糸」の詳細を詮索します。

詳細画面が現れます。

以下3点をチェック

☆作品コード
JASRACで管理されている作品番号です。
☆ISWC
CISAC(著作権協会国際連合)で決められた世界共通の国際標準作品コード。
☆配信
ここが○になっているとインターネットでの音楽利用が可能です。配信の項目をクリックすると詳細が表示されます。

JASRACで管理されているのでYouTubeで演奏して配信することが可能ということが確認できます。

作品検索したページのURLを添付して「異議申し立て」をしましょう。こういうときにこそ、日本の著作権管理団体JASRACを活用すべきです。

自分だけの判断で自信がない場合、作品の管理状況を異議申し立てをする前に念のためにJASRACに電話で再確認してみるのも良いと思います。JASRACの信託者や会員でなくても丁寧に教えてくれますよ。

JASRAC 内国資料部 03-3481-2146

追記:撤回されました

2020/5/1 その後、「糸」はこの「ひながた」を使った異議申し立てで、著作権侵害が無事撤回されました。

異議申し立てのひな形

異議申し立てのひな形を掲載します。各項目を自分のケースにおいて必要箇所を書き換えて下さい。必ず必要事項を J-WIDからコピペして記入して下さい

また、このひな形はJASRAC管理楽曲であるという前提で書かれていることをご承知おき下さい。

日本語

この楽曲「XXX」の権利は著作者「ZZZZ」にあります。そして演奏権、録音権、配信の権利はJASRACにすべて信託されています。よってこの楽曲「XXX」の著作権はJASRACによりすべて信託管理されております。

動画における楽曲演奏、録音は私自身が行っているものです。YouTubeではJASRACとの包括契約が結ばれており、当楽曲の演奏および配信の利用は認められております。つまりYouTubeにおける配信におきましては権利者の同意を前提としており、今回の場合は権利者の承諾を得たものとなります。つまり楽曲の二次利用は法的に認められています。

また動画は誰が見ても明らかなように私自身が演奏しています。私が録音演奏しているのは動画を見れば確認できるはずです。この動画のどの部分に御社のContent ID 登録の録音物が関わっているのか、著作権の侵害を主張するのであれば明確なご説明をいただきたい。

この動画は2019/12/26に私が演奏録音したものであり、御社が管理する録音物ではないことをここに宣言します。

これは何かの間違いと思われますので、ご確認よろしくお願いいたします。

下記はJASRAC楽曲権利における参照URLです。
http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main?trxID=F00100(ここは楽曲検索後のURLに置き換える)
JASRAC Code: 「JASRAC作品コード」 ISWC 「ISWCコード」「XXXX

  1. XXX」を楽曲名に書き換えて下さい(最初と最後の3箇所
  2. ZZZZ」を著作権利者名に書き換えて下さい(1箇所
  3. 2019/12/26にの日付を自分の動画を作成した日付に変更して下さい
  4. URLの項目を自分がJ-WIDで検索したものに置き換えて下さい
  5. ここに「JASRAC作品コード」を記載して下さい
  6. ここに「ISWCコード」を記載(曲によってはない場合もある)して下さい

ほとんどが J-WIDからのコピペの作業ですので、それほど大変ではないと思います。

私自身も効果を確認しながら、内容を補充していきたいと思います。

English

DeepLで翻訳してみました。上記の日本語の文章を「翻訳」にかければ問題のない英文になりますので、上記の日本語ひな形だけで問題ないようにも思えます。しかし念のために英文を添えて提出した方が良いかもしれません。申立人は「弾いてみた」の動画すら確認していない可能性が高いので、日本語での「意義」をわざわざ翻訳機にかけてまで目を通さないかもしれません。

異議申し立ての文字数は2000文字まで可能なので、二つの文を掲載することができます。作品名と権利者名は日本人の作品である場合は、日本語のまま記載してもいいでしょう。その方が日本での管理楽曲ということをアピールできます。

また、海外楽曲の場合はこちらの翻訳版のみの提出でもいいでしょう。日本語版を参照にして必要事項を埋めていって下さい。

The rights to this song “XXXX” are held by the author”ZZZZ“All performance, recording and distribution rights are held in trust by JASRAC. Therefore, all copyrights to this song “XXXX” are held in trust by JASRAC.

The performance and recording of the music in the video is my own work, and YouTube has an umbrella agreement with JASRAC for the performance and distribution of this music. In other words, distribution on YouTube requires the consent of the rights holder, and in this case, the consent of the rights holder has been obtained.This means that secondary use of the music is legally allowed.

Also, as anyone who has seen the video can see, it’s obvious that I’m playing it myself. You should be able to see the video to see what I’m playing on the recording. If you are claiming copyright infringement, please explain clearly what part of this video involves a recording of your company’s Content ID registration, and if you are claiming copyright infringement.

I hereby declare that this video is a performance recording made by me on 12/26/2019 and is not a recording controlled by your company.

This must be some kind of mistake, so please confirm it.

The following are the reference URLs for JASRAC music rights.

http://www2.jasrac.or.jp/eJwid/main?trxID=F00100(ここは楽曲検索後のURLに置き換える)
JASRAC Code: 「JASRAC作品コード」 ISWC 「ISWCコード」「XXXX

パラグラフの最後に日本語のひな形のJ-WIDでの楽曲検索URLとJASRAC Code、ISWCをコピーして英文の最後にペーストして下さい。

このひな形についてJASRACにもチェックして貰いました。「内容的に問題ある部分は見当たりませんが、個々のケースもあるので申し立てに対して正確にコメントは出来ない」とのことです。

なので、個々の楽曲の信託状況に応じてJASRACに電話で確認してみることをおすすめします。

JASRAC 内国資料部 電話 03-3481-2146

2度目の再審請求

私は以前、Let It Beで著作権侵害の異議申し立てをしましたが却下されました。

1度目に異議申し立てが却下された場合でも、2度目に再審請求が可能です。以前は簡潔な異議申し立て文章だったので、今回は上記のひな形を使ってみることにしました。

覚悟がいる2度目の申請

下記はYouTubeからの「再審請求」の引用です。

再審査請求とは
再審査請求と異議申し立ては同じではありません。Content ID に関する申し立てに対してすでに異議申し立てを行っていて、かつ申立人が誤って申し立てを続けていると思われる場合は、その決定に対して再審査請求を行うことができます。自分の立場が正しいと思われる場合は、再審査請求の手続きに進んでください。

申立人には再審査請求に対して 30 日間の回答期間が与えられます
申立人はあなたの再審査請求を承認する場合もあれば、却下する場合もあります。申立人が期限内に対応しない場合、Content ID の申し立ては取り下げられます。 申立人が再審査請求を承認した場合、または申立人からのアクションがなかった場合、申し立ては取り下げられて、あなたは著作物を動画で使用できるようになります。 申立人が再審査請求を却下した場合、申立人は YouTube からの動画の削除を要請できます。その場合、あなたは著作権侵害の警告を受けることになります。 この期間中、再審査請求が解決するまで申し立てのポリシーが一時的に解除される場合があります。 この動画について、あなたと申立人の両者が収益化を希望する場合は、異議申し立ての処理の間も動画の収益化が YouTube により継続され、発生した収益は異議申し立てが解決してから適切な当事者に支払われます。

再審査請求により著作権侵害の警告を受ける可能性があります
元の申し立てについて申立人が正当であると考える場合は、動画を YouTube から直ちにまたは 7 日以内に削除するようリクエストできます。 そのような場合は、著作権侵害の警告を受けます。 動画が削除され、それが間違いであると思われる場合は、異議申し立て通知を送信できます。

2度目の意義申し立てが却下されると「著作権侵害の警告」を受ける可能性があります。最初の段階ではほとんどが「著作権侵害の申し立て」です。これが「著作権侵害の警告」となると厳しいペナルティがあります。「著作権侵害の警告」を3度以上受けるとアカウント停止などの処分を受けることもあります。

このように再審請求にはかなりの覚悟が強いられます。

しかし覚えておいて下さい。JASRAC等の著作権管理団体に守られている曲を「弾いてみた」でYouTubeで動画投稿した場合、著作権侵害ではありません。自分の録音物でないものに対して著作権を不当に主張しているのは相手側なのです

ご覧のようにJASRAC管理楽曲(作品の権利者が権利委託して演奏配信を許可している)で作成した動画、つまり録音物の権利は私にあるにもかかわらず、録音物の権利を持たない他者に権利を主張されて、一部の地域では収益化までされています

これはこちらも断固たる決意で主張しないといけません。

2度目の申請ではこちらの本籍や名前を問われます。

こういったところで断固とした意思を見せる必要があります。こちらは間違ったことをしていません。考えたくはありませんが、ここでひるんでしまうことを相手は予測している可能性もあります。

この項目を入力後にこちらの異議申し立てを記入します。チェックボックスをすべてチェックして、本名のサインを記載して送信します。

最後にもう一度いいます。

JASRAC等の著作権管理団体に守られている曲を「弾いてみた」でYouTube動画した場合、著作権侵害ではありません。自分の録音物でないものに対して著作権を不当に主張しているのは相手側なのです作品の権利者が権利委託して演奏配信を許可しています。

現在のところまだ結果は届いていませんが、後日お知らせいたします。

追記:2度目の再審請求の結果

2020/5/18日 追記

2度目の再審請求をした後、この審査期限が切れる30日直前の画像です。「再審査請求の有効期限まであと一日です」となっています。

そして翌日、確認してみると「動画は収益化できません」の警告がなくなっていました。

申立人が意義を認め撤回した場合はメールが来ますが、30日の期限が切れて自動的に撤回された場合はメールも何も来ません。あっさりしたもんです。

ここからいえることは、著作権(配信項目)がJASRAC等の管理団体にゆだねられている場合は、臆せず二度目の再審請求をしましょう。この場合、上記の「ひな形」を利用することをお勧めします

大手のレーベルの場合、ほとんどのケースで一度目の著作権侵害の申し立てに意義を提出しても却下してくることが多いです。しかしきちんとこちらの正当性を主張することで通ります。ただし相手が非を認めるというのではなくあくまで「逃げ」という形ですが...。

これにはそれなりの理由があるのです。大手のレーベルにはある切実な事情があるのです。それはまた別の記事で詳しく書きたいと思います。

動画をUPするときに

「弾いてみた」動画をUPすると同時に、動画の概要説明欄に下記の説明をコピーペーストして掲載してみて下さい。AI検出ですので効果があるかどうかははなはだ疑問ですが、ある一定数の人たちがこのようなアクションをすることで、YouTube運営側がこの検出システム(巻き上げ詐欺行為が簡単に行える)の見直しをしてくれることを望みます。

☆著作権侵害の意義申し立て☆この動画は私個人が演奏録画したものであり、Content ID登録の録音物を使用しておりません。この動画の権利は私自身にあります。私自身が演奏録音したものに対して、録音物の管理団体が著作権を主張することは権利の乱用及び不当に広告収入を得ることであり、断固として抗議します。

Allegations of copyright infringement☆This video was recorded by me personally and I did not use any recordings registered with Content ID. The rights to this video are my own. To claim the copyright of a recording management organization for a recording of my own performance is an abuse of rights and unfairly earns advertising revenue, and I categorically protest this.

☆ーーーーー☆

YouTube「著作権侵害の申し立て」に「意義」を申請する

YouTuebe「著作権侵害の申し立て」に「意義」を申請する

☆ーーーーー☆

☆ーーーーー☆までの文章をコピペして「異議申し立て」に使うことも可能です。大手のレーベル以外ならこれで取り下げて貰えることもあります。

またちょっと不格好になるのですが、動画タイトルの後ろに「 *Stop making ad money off of “alleged copyright infringement”.」(「著作権侵害の申し立て」で広告費を稼ぐことをやめなさい)を最近では追加しています。これをしてから「著作権侵害の申し立て」が来ていないので、一定の効果はあるようです。

追記:申立人にもペナルティ

YouTubeの「著作権侵害の申し立て」についてですが、彼らも頻繁に「著作権侵害」を不当に行うとペナルティが科されます。

YouTube ヘルプ

なので、泣き寝入りせずに「異議申し立て」をすることは大切です。大手レーベルの場合、1度目は必ず断ってきます。しかし粘り強く対処しましょう。

この記事を書いた人

[カミデタカシ]
日々、ピアノを弾くことで生計を立てています。アコーディオンも弾きます。そしてひたすら音楽製作してます。人の多い場所と鈍感な人、苦手です。音楽と共に生きてくことは愉しい、すべての人がそう思えるような世界を考えていきたいです。

YouTubeチャンネル→KAMIDE’s Music Freaks

アナタにお薦め


☆-----------------------------------------☆

本日限り Amazonタイムセール 今すぐチェック!

☆—————————————–☆




この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

関連記事

アナタにおすすめ

PAGE TOP