神出高志=カミデタカシのブログ

  1. Review
  2. 48 view

作業用モニターを4Kウルトラワイドに

制作用のモニターをウルトラワイドに変更しました。購入したのは、「LG モニター ディスプレイ 34WN750-B 34インチ」です。ものすごく作業がはかどります。トラック数が多くても、スクロールなしに全景が見渡せるのは爽快ですね。

ウルトラワイドのモニター画面

以前の環境と比較してみました。ハッキリいって作業効率は格段に良くなっています。

比較

以前は液晶タブレットをモニター作業用に使っていました。

スッキリしたデザインでこぢんまりと収まっています。しかしオーケストラなどのトラック数の多い音楽だと画面いっぱいいっぱいで、上下左右スクロールしなければ全景を見ることが出来ません。

しかし新しいモニターにしたら景色が全く変わりました。

作業中の全景が見渡せます。前の画面は側面3割程度が切れていました。それにミキサー画面も全体が表示できず4割程度が隠れていました。確認するためにはスクロールしなければ見えませんでした。

新しい方だと全景が見えてしかもまだ余裕があります。

鍵盤の右端に以前使っていた液タブが置いてあります。大きさの違いもハッキリとわかると思います(笑)。

作業効率

新しい画面は文字もクッキリです。この画面に見慣れると、残り3台の他のモニター画面が少しもやがかかっているように見えるくらい。この記事も新しいモニター画面で書いていますが、テキストがものすごく見やすいです。クッキリしているので目が疲れません。

以前の環境だと就寝前頃には目が軽く充血していましたが、そのようなこともなくなりました。

大きいのでかなり場所もとりますし、せっかく購入したのに威圧感だけに圧倒されてしまうかもしれないと、買うのを躊躇していました。

しかし、この作業効率を考えると費用対効果は抜群に高いです。

自分は部屋の中に物が増えるのが嫌なタイプなのでかなり躊躇していました。特に目の疲れが改善された点は素晴らしいです。一日の大半をモニター画面と向き合っているので、これはとても重要なことですね。

製品のスペック

アマゾンで購入

アマゾンで買いました。最初は設置の事も考えて29インチを買うつもりでした。しかしコチラは発送に1〜2ヶ月かかるようです。旧タイプだとすぐ発送できるようなのですが、やはり価格がほぼ変わらないので新しい方が欲しいですね。

仕方がないので34インチでもイイかと思い注文しようと思ったのですが、少し高くなるけど34インチのほうが目に入りました。コチラだと翌日発送です。

  1. 29インチワイド(1080p)¥29782
  2. 34インチワイド(1080p)¥44518
  3. 34インチワイド(1440p)¥59845
  4. 34インチワイド(1440p 曲面)¥69836

現在作業中の物のことを考えると早く欲しい...。

最初はひとつ上のクラスの(2)34インチワイドを考えましたが、これは29インチより画面は大きくなるものの解像度は同じです。これは無駄にデカいというだけで意味はないように感じました。

ということでより多く画面表示できる、(3)34インチワイド1440P(3440 x 1440 Pixels)タイプを選びました。(4)の曲面は格好いいけど、単純に作業効率を目指しているのでパスです。ゲームをする人は没入感からコチラでしょうかね。

そしてこの記事を書きながら、今あらためてアマゾンのページを見てみると29インチが即納になっていますね。今考えると29インチの在庫がなくて良かったと思っています。設置スペースが確保できるようなら絶対に(3)34インチワイド1440P(3440 x 1440 Pixels)ですね。くれぐれもケチって(2)34インチのほうは買わないように(笑)。

設定

専用のソフトウェアがありますが使用していません。しかし何も考えずにパソコンにつないで使っています。ソフトウェアを使えば画面を分割したり、細かな設定がいろいろ出来るみたいです。グラフィック作業をする人などは細かい補正が必要なのでしょうが、私の場合そこまで色の再現性は気にしません。

つないで使うだけです(笑)。

モニター画面の下側に小さなレバーがあって頃をプッシュすることでファンクションモードに入れます。ここからで電源のON、OFFも選べます。電源をOFFにした場合、このレバーをプッシュすることで電源が入ります。

ファンクション設定から入力設定(HDMIX2、ディスポプレイポートの3入力があります)、ピクチャーモードが選べます。ここではブルーライト軽減やHDR効果が選べます。このモニター自体はHDR10に対応しています、そしてHDR効果とはHDR10に対応していない従来のSDFの映像もHDR画質にする変換する効果です。

とりあえずはHDR効果以外はデフォルトで使用しています。

HDR参照リンク:よくわかる、HDR徹底解説! HDRとは

感想

やはりスペックがハイビジョン(1080p)が4K(1440p)に変わるだけで作業効率は格段にアップします。

テキストの文字はかなり見やすくなります。

また音楽制作している上で作業中の全画面を確認できるメリットも大きいです。もし設置場所に余裕があるなら、4Kのウルトラワイドを購入検討されることをお薦めします。作業効率が格段に上がるので費用対効果が格段に上がりますよ。

LG モニター ディスプレイ 34WN750-B 34インチ

Aamzon

この記事を書いた人

[カミデタカシ]
日々、ピアノを弾くことで生計を立てています。アコーディオンも弾きます。そしてひたすら音楽製作してます。人の多い場所と鈍感な人、苦手です。音楽と共に生きてくことは愉しい、すべての人がそう思えるような世界を考えていきたいです。

YouTubeチャンネル /// KAMIDE’s Music Freaks

アナタにお薦め


☆-----------------------------------------☆

本日限り Amazonタイムセール 今すぐチェック!

☆—————————————–☆




この記事が気に入ったら
ツイッターでリツイート
Facebookでシェアしてくださいね☺️

Reviewの最近記事

  1. 音楽のない映画〜THE GUILTY

  2. 作業用モニターを4Kウルトラワイドに

  3. Big Bang Orchestra レビュー

  4. REALFORCE for Mac US配列 Limited Editionのテンキー付き…

  5. VSL SYNCHRON BÖSENDORFER IMPERIAL レビュー

関連記事

PAGE TOP